株を怖がるのに投資をすると株をやる心理

未経験者の方は、かなりの確率で「投資が怖い」って印象を持っています。

それをもっと深堀すると、「株って怖そう」な印象になります。

でも、そういう人に限ってイザ投資を行うと株式投資や投資信託を始めます。

なぜ怖い物に手を出すのでしょう?

株しか知らない

結局知識が無いから、証券会社や金融機関の担当者の勧める投資商品で運用してしまいます。

その様な方が残念でなりません。

担当者はあなたに親身に相談乗っていると思いきや、自分の成績の事しか考えていません

これは、間違いなく本当です。

だから、手数料の高い商品を勧めるに決まっています。

表立って手数料が低くても、運用し始めると色々な名目でお金を取られていきます。

だから、わからないから株式投資じゃなくて、わからないなら「広く浅く勉強」です。

本屋さんに行けば初心者向けの本たくさん売っています。

先ずは広く浅く投資の事について知る為の勉強をしましょう。

そして、ネット証券で取引をすると、担当者と話をする必要もないので、手数料の高い商品を売り付けられずに済みます。

色々な投資を知ろう

他の記事でも書いているかもしれませんが、私が良いと思うのは融資型クラウドファンディングです。

知らないものに抵抗感を感じるのは当然です。

だから、広く浅く勉強するんです。

株式投資や投資信託だけじゃない。

債権やJ-REIT、外貨預金とか、色々あります。

老後の為の資産形成であれば個人年金保険だって投資(資産運用)の一種です。

たぶん初心者でも簡単です

融資型クラウドファンディングは、たぶん初心者でも簡単です。
(ソーシャルレンデイングとも言います。)

例として、ラッキーバンクという運営会社のサイトを見てください。
全案件不動産担保で安定のラッキーバンク

この、「投資ファンド一覧」を見てください。

見るだけでどの様な投資なのか、直感的にわかるんじゃないでしょうか?

この投資が怪しいか怪しくないかは別として、ウェブサイトを見ると簡単さは納得してもらえるでしょう。

あとは、2チャンネルでも見て研究してみてください。
融資型クラウドファンディング「その16」

怖がっているなら、この様な簡単な投資を1万円から始めればいいんです。

怖がってないで、行動ですよ、行動。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加