上達する為の費用

何事も、上達するには時間とお金と努力が必要です。

その心は?

thinking-lady
反復練習をする事で体が覚えます。

正しい事を反復しなければ遠回り、もしくはイメージした程の上達は得られません。

正しい方法で反復する事で、最短距離で上達する事が可能です。

正しい方法はお金を払って取得します。

「お金×時間」の計算式です。

大金を払って一流のコーチに習っても、練習時間がゼロなら全く上達しません。

10年間継続しても、正しい方法が全く分からなければ、全然上達しません。

例えばを挙げてみると・・・

例えば勉強

textbook
勉強ができるようになる為に、学校へ通います。

義務教育であれば、個人の懐からではありませんが、一応公のお金が教育に支払われています。

更に参考書を買うお金。

人によっては塾に行く。

お金と時間をかければ掛ける程、できるようになってゆきます。

例えばテニス

tennis-player
部活動でやっているのであれば、部費が必要です。

更に上手くなりたいのであればレッスンに通ったり、書籍を買って勉強したり。

これもお金をかければかける程上達します。

例えばゴルフ

golf-ball
レッスンは高いと独自に練習をしている人が沢山います。

そういう人は本やDVD、雑誌を結構買っていますし、上達するまでにレッスンを受けた人よりも沢山打ちっぱなしに通わなければなりません。

それに、上達が遅い分ボールを無くしたりする頻度も高いです。

最短距離でお金をかけて上達するか、時間をかけてお金は掛けないつもりだったけど、気付いたら時間もお金も掛かっていた

そのどちらかを選択する事になります。

例えばピアノ

piano
ピアノだって独学でできますが、上達のレベルは一定レベルで止まるでしょう。

通常はレッスンに通いますし、自宅でも練習時間を確保します。

例えば、投資だって一緒です

kabuka-board
そして、投資。

何事も上達するのに出費があるのはやむを得ないと考えるのに、投資だけは皆さん何故か上達するのに出費を認めません

投資の出費は、いわゆる損失です。

もしくは、有料セミナーで勉強する事か、有料教材を購入して勉強する事です。

出費を避け、独学でトライして損失を被る。

損失を出したら「やっぱし無理」と言って止めてしまう。

投資だって上達しなければ継続的に利益を確定させる事も難しいでしょう。

その事に気付く人は、上達の為の出費を惜しみませんし、ヘコタレずに努力しながら続けます

そして、安定した投資家になれるのです。

投資家と言うと職業のようですが、仕事をしながらしっかりと資産運用ができる人になれればいいんです。

お金を増やす為であれば、多少の努力はしてみてもいいんじゃないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加