貯蓄の少ない人は資産運用もしない人?

「貯蓄の少ない人は資産運用(投資)をしていない人が多い。」

「貯蓄の多い人は、比較的資産運用(投資)をしている人が多い。」

こんな話、信じる事はできますか?

貯蓄の多い人の場合

count-money
貯蓄の多い人は資産運用してそうです。

もともと投資は余裕資金で行うものです。

その為、資産運用をしている人は貯蓄の多い人が多いのは、何となくわかります。

更に、投資の利益で少しづつでも利益が出れば、更に貯蓄を増やす好循環になります。

貯蓄の少ない人の場合

poor-account
では、貯蓄の少ない人はどうでしょうか。

少ない人は、少ないから資産運用しないのか?

資産運用しないから少ないのか?

少なくても資産運用をするために余裕資金を作る努力をするのか?

鶏か卵の順番よりもややこしそうです。

やっぱり努力をすることがスタート

とは言え、一番感じるのは「思いの強さ」です。

将来の事をどれだけ考えているのか。

強く考えれば考える程、危機感もわいてきます。

だから、将来に対しての危機感を持つ人は、収入が少なくても、少しずつでも貯蓄を増やします。

そして、貯蓄の伸びが思ったよりも少ない事に危機感を覚え、投資を始めます。

また、そのような人はお金の管理もできています。

月の予算よりたくさん使ったか予算内で抑えられたか、ちゃんと検証しています。

忙しいを理由に収入を無計画に使ってしまう事はありません

「投資をしている人は貯蓄の多い人が多い」

この意味は、自分の将来から目を反らさず、お金の事を真剣に考えている人に対する答えです。

将来を考えるのであれば、月1万円でもいいから余裕資金を作って、投資に回せるように心掛けましょう。

善意のアドバイス

advise
あなたの周りに、

投資なんて絶対やらない方がいい!
絶対損するに決まっている。

なんて親切(?)なアドバイスをくれる人いませんか?

yahoo!の知恵袋を見ていても、資産運用したいと相談している相手に、上の様な回答をする人も居ます。

全く投資の実態が分かっていない人です。

投資が「ギャンブル」、「怖い」、「素人には無理」と考えているのは、未経験者だけ
(「投資に対する印象・イメージが資産運用の妨げになっている!」の記事参考にしてください。)

アドバイスを求めるのなら、投資経験者へアドバイスを求めましょう。

どの投資は初心者でも可能、どの投資は難しい、でもリスクの回避方法もある。

この様に、イメージだけでなく、もっと具体的にアドバイスを貰う事が出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加